ゴールデンウィークの雪山ではアイゼンが必要です。チェーンアイゼンは要りません。

ウスユキソウ・エーデルワイスの仲間

山の花と高山の花

エーデルワイスと聞いて何を思い浮かべますか?

お菓子?
イヤイヤ、登山ならクライミングロープブランじゃないでしょうか?
昭和世代の私は学校で歌わされた?? サウンドオブミュージックで有名な「♪♪ エ~デルワィ~ス ♪♪」のメロディーでしょうか。

皆さんはいかがですか?

ヨーロッパのエーデルワイスは見たことがありませんので、日本のウスユキソウをご紹介します。

言葉の響き、高貴な白といった意味だけでなく、アルプスの峰々を抱く高原に咲く「セイヨウウスユキソウ」でしょうか。キク科ウスユキソウ属です。
綿をまとった純白の星にも似た姿はヨーロッパの近代登山への憧れの象徴でもあったかもしれません。

1924年に産声を上げた好日山荘が出した広告にもエーデルワイスが描かれています。

日本にはエーデルワイスとは種類の異なるウスユキソウを北海道から九州までの山岳地帯で見ることができます。

中でも中央アルプスの花崗岩砂礫地に生えるミネウスユキソウは、別名コマウスユキソウとも呼ばれ木曽駒ケ岳の代表的な高山植物として愛されています。
大型のウスユキソウといえば「ハヤチネウスユキソウ」でしょうか。蛇紋岩質の土壌に生える絶滅危惧種です。いつの日か、カメラにおさめたい私の憧れです。

八ヶ岳やアルプスの登山道でよく見かけるのは「ミネウスユキソウ」でしょうか。綿毛が薄いので少しばかり見過ごされやすいです。

清楚な姿を見つけて見てくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました